Top > オーガニック食品とは

オーガニック食品とは


☆★送料無料!(※一部離島を除く。)★☆ベジパワープラス(究極のオーガニック食品)

 

オーガニック食品とは有機食品のこと。農薬や化学肥料などを使用せず作られた、有機栽培による食品をさす。日本では農林水産省に登録した認定機関で認定を受けた食品のことをいう。2001年4月よりJAS法と共に有機認証制度がスタートし、制度化された。

オーガニック認定を受けた食品には有機JAS(ジャス)マークがついている。現在認定の対象となっているのは農産物と農産物加工食品の2種類のみ。農産物は「土で栽培されるもの」と規定されている。野菜でも水耕栽培のものや、木で栽培されるきのこなどは認定を取得することは不可とされていて、また畜産も対象外なので、肉や乳製品もオーガニック食品にはならない。

食品の中でも日本で栽培されていないコーヒーやメープルシロップはオーガニック食品として認定されている。輸入食品であっても、基準が通ればオーガニック食品となる。

 TBSテレビはなまるマーケット  中島美嘉のすべて
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
食品添加物の問題(2009年8月19日)
自然食品とは(2009年8月19日)
自然食品と有機JASマーク(2009年8月19日)
オーガニック食品とは(2009年8月19日)
オーガニック食品の現状(2009年8月19日)